ページ内を移動するためのリンクです。

ソーシャルイノベーション

ソーシャルイノベーション とは

日本でソーシャルイノベーションを実践し学べる場所は、数限られている。社会に変化を生み出すために、異業種で多様性のある会員企業メンバーが会社を超えて人と人が信頼に基づいた共創活動連携によるオープンイノベーションを実践する。

ソーシャルイノベーションが何故必要なのか

社会に変化を生み出すために、セクターや地域、職種を超えて人と人が真に協力する必要がある。それは単純な共同プロジェクトやアイデアの結合ではなく、信頼に基づいた人としての協力です。社会に真の協力が生まれた時、1人1人が社会の様々な課題を解決するためのエネルギーになるはずです。 

全体のプロセスを体系的に体験する

社会に変化を生み出すために、異業種で多様性のある会員企業メンバーが会社を超えて社会/生活者に共感し、課題を認識し、社会的ニーズを満たし、同時に新しい社会的関係性や協働を作り出す新しいアイデア(商品、サービス、モデル)を形にし、アイデアを検証する包括的体系の一連のプロセスを体験的に学び、実験的に取組む。

現実と未来を行き来して形にする

デザイン思考の中で発見された課題から内外のネットワーク、コミュニティの協力を得ながら、現場のリアリティと俯瞰する目を行き来するリサーチ・分析を行うことで未来の潮流を掴み、共有し、共にアイデアを生み出しプロトタイプまで実践を行う。

信頼する仲間たちと未来に挑む

連携によるオープンイノベーションを実践し学べる場所は、数限られている。真の協力が生まれた時、1人1人が社会の様々な課題を解決するためのエネルギーを得て、自らのビジョンで生きていく社会起業家になる。